1. トップページ
  2. 投資法人の特徴
  3. 財務戦略

財務戦略

安定的な財務運営

財務方針

エクイティ・ファイナンス 資産の取得、工事金の支払い、敷金・保証金の返済、本投資法人の運営に係る費用の支払い又は債務の返済等を目的として、投資口の追加発行を行うことができます。投資口の追加発行は、LTV水準及びマーケット環境を考慮し、投資口の希薄化に配慮しつつ機動的に行います。
デット・ファイナンス 運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用の安定性に資するため、資産の取得、修繕費若しくは分配金の支払い、本投資法人の運営に要する資金、若しくは債務の返済等の資金の手当てを目的として、資金を借入れ又は投資法人債を発行することができます。また、メガバンクを含む国内有力金融機関を中心としたバンク・フォーメーションを構築します。さらに、資金の借入れは、長期比率及び固定比率のバランスに配慮するとともに、返済期限や借入先の分散を図り、安定的な運営を行います。
LTV 財務健全性確保のため、LTV(注) は、60%を上限とします。但し、新たな資産の取得等に伴い、一時的に60%を超えることがあります。
(注) 「LTV」とは、資産総額のうち有利子負債(投資法人債を含む借入金)残高の占める割合をいいます。
減価償却費の活用方法について 本投資法人は、減価償却による内部留保について成長戦略又は財務方針等のために有効活用することで、1口当たり分配金の最大化を目指します。具体的には、下記の活用方法を検討します。
設備更新、コンバージョン等の資本的支出の活用を通じた保有施設の競争力の強化や物件の取得原資の確保といった本投資法人の成長戦略に寄与する手段として利用
借入金の返済資金の一部への充当を通じた金利コストの削減や一時的な利益超過分配原資の確保といった本投資法人の財務方針に寄与する手段として利用

ページの先頭へ