1. トップページ
  2. 投資法人の特徴
  3. ガバナンス体制

ガバナンス体制

利害関係者取引における本資産運用会社の意思決定手続

運用資産の取得又は売却に関する計画案は、投資運用部による起案、コンプライアンス・オフィサーによる承認、コンプライアンス委員会による決議及び投資政策委員会による決議により、本資産運用会社で決定されることになります。但し、運用資産の取得又は売却が利害関係者取引に該当する場合には、これらの手続に加え本投資法人の役員会の同意を得る必要があります。

利害関係者取引における本資産運用会社の意思決定手続

ページの先頭へ